1. HOME
  2. サポート
  3. 電気に関するFAQ
  4. 停電したときの対応は?

停電したときの対応は?

 

突然電気が消えてしまったら誰でも慌ててしまいますよね。 

 

『電気が消えた』=『停電』と考えるのは早合点です。

 

では分電盤にどういう対応をすれば良いのでしょう。

下の順序にそって見てみてくださいね!

 

  • 家全体の電気が消えた
    1番へ
  • 家の部屋の一部の電気が消えた
    2番へ

 

1. 近所の家や外灯の様子は?

近所一帯(外灯も含む)が真っ暗(夜の場合)。

 →6番へ

 

いちおう分電盤の状態も見ておきましょう。

 →2番へ

 

どうやら我が家だけが電気が消えているようだ。

 →3番へ

 

2. 分電盤の状態を見てみましょう。ブレーカの状態は?

リミッター、漏電遮断器、安全ブレーカのいずれのスイッチも切れていない。

 →5番へ

 

分岐の安全ブレーカが切れている。

 →4番へ

 

分電盤

stop_img01.jpg

ブレーカ部分(拡大)

stop_img02.jpg

 

3. リミッターまたは主幹の漏電遮断器が動作した可能性があります。

stop_img05.jpg

参考:ONの状態

ご自宅の分電盤を確認してみましょう。

 

リミッターが切れている(東京などのリミッター付地区)場合。 

  1. 使用していた電気器具を減らしてください。
  2. リミッターを再び「ON」にしてください。

 

主幹の漏電遮断器が切れている場合。

漏電遮断器の表示ボタン(黄色(または白色)のボタン)はどうなっていますか?

 

A. 表示ボタンが出ている。

 

stop_img03.jpg

①漏電遮断器のハンドルを下におろしてから再び「ON」にしてください。

 

②切れない

そのまま使用してください

 

②切れる

電気回路が異常です。

漏電の可能性もあります。

至急連絡先または電気工事店に連絡してください。 

B. 表示ボタンは出ていない。

 

stop_img04.jpg

①使用していた電気器具を減らしてください。

 

②主幹の漏電遮断器のハンドルを下におろしてから再び「ON」にしてください。 

 

 

4. 電気の使いすぎです!

」になっている安全ブレーカの回路でお使いの電気が、その回路の電気容量を超えています。

その回路(概ね部屋別になっていることが多い)でお使いの電気器具を減らしてください。

 

その後で…「」になっている安全ブレーカのハンドルを「」にしてお使いください。

 

」になっている右側のスイッチ

stop_img06.jpg

ハンドルを上にして「」に戻しました!

stop_img07.jpg

 

再び電気が切れてしまったら…

電気がよく切れる部屋やフロアの電気回路の容量が、お使いの電気器具の合計の容量より小さいためです。

一度にたくさんの電気器具を使うのを控えましょう。

 

その回路を分割・分岐するには工事が必要です。

お近くの電気工事店さまや電力会社さまにご相談ください。

 

5. 電球が切れたか、電気器具の故障の可能性があります。

ブレーカが切れていないのに、明かりが消えた…。

この場合、まずはコンセントからプラグが抜けていないか調べましょう。

次に、電球や蛍光灯の球切れかどうか調べてみてください。

 

くれぐれも濡れた手でコンセントやプラグには触らないでくださいね!!

!!感電する恐れがあります!!

 

明かりや電気器具にも異常がなくて…

1番で見たように、近所一帯が真っ暗でしたら、6番へ

 

6. 停電です。

ご使用中の電気器具のスイッチを切りコンセントからプラグを抜いておきましょう。

電力が復旧するまでお待ちください。停電の原因や復旧についてはお近くの電力会社へお問合せください。