1. HOME
  2. サポート
  3. 電気に関するFAQ
  4. コンセントの設置数は決まってるの?

コンセントの設置数は決まってるの?

 

住宅の標準的なコンセント数は、家庭で使用する電気製品の増加に伴って見直されています。

(─電気配線のきまり 『内線規程』 の改訂による。)

 

住宅(部屋別)における標準的なコンセント数

エアコン、据付型電磁調理器、大容量機器、換気扇(トイレ除く)、庭園灯、浄化槽、給湯器、ベランダ、車庫などのコンセントは、下記の設置数とは別に考慮します。

 

余裕のあるコンセント数で快適な電気生活を送りましょう!

 

台所・食事室

場所

コンセント設置数(個)

台所 6(100V)/1(200V)
食事室 4(100V)/1(200V)

主な機器

●冷蔵庫●ラジオ●コーヒーメーカー●電気ポット●ジューサー・ミキサー●トースター●レンジ台●オーブン電子レンジ●オーブントースター●食器洗い乾燥機●電気生ごみ処理機●電熱コンロ●ホットプレート●電熱コンロ●電気ジャー炊飯器●ホームベーカリー●電気鍋●卓上電磁調理器

居室など

広さ

コンセント設置数(個)

5㎡(3~4.5畳) 2(100V)/-(200V)
7.5~10㎡(4.5~6畳) 3(100V)/1(200V)
10~13㎡(6~8畳) 4(100V)/1(200V)
13~17㎡(8~10畳) 5(100V)/1(200V)
17~20㎡(10~13畳) 6(100V)/1(200V)

主な機器

●電気スタンド●ステレオ●ビデオ●DVD/CDプレーヤー●ラジカセ●扇風機●電気毛布●電気あんか●加湿器●ふとん乾燥機●ワープロ●パソコン●蚊とり器●ズボンプレッサー●テレビ●セラミックヒーター●ファンヒーター●電気カーペット●電気こたつ●電気ストーブ●掃除機●アイロン●空気清浄機●BS/CSチューナー●テレビゲーム機●FAX付電話●多機能コードレス電話●パソコン関連機器(モニター、プリンター)

トイレ

コンセント設置数(個) 主な機器
2(100V)/-(200V) ●温水洗浄暖房便座●空調●換気扇●電気ストーブ

 

玄関

コンセント設置数(個) 主な機器
1(100V)/-(200V) ●熱帯魚水槽●掃除機

 

洗面所・脱衣室

コンセント設置数(個) 主な機器
2(100V)/1(200V) ●洗濯機●掃除機●電気髭そり●洗面台●電動歯ブラシ●ホットカーラー●ヘアードライヤー●洗濯乾燥機●衣類乾燥機

 

廊下

コンセント設置数(個) 主な機器
1(100V)/-(200V) ●掃除機

 

 

コンセントの数え方

limit_img01.jpg

コンセントの数え方は、コンセントの種類、口数に関係なく、1つと数えます。

つまり、1口でも、2口でも、さらに口数の多いものでも1個とみなします。

 

 

コンセント数の不足による危険とは?

危険な例(たこ足配線)

limit_img02.jpg

安全な例

limit_img03.jpg

3p_icon_ex.png コンセントの数が足りないと、つい延長コードでタコ足配線をしたり、コンセントの定格以上の電流を使いすぎてしまいます!

  • このような接続は、電気コードが過熱したり、コードに手足をひっかけたりして危険です!
  • 住宅用分電盤の回路数に余裕があれば、コンセント回路を分ける工事でこのような危険を防止できます。
  • 家の新築、増改築などの際には、将来の電気使用量の増加を考慮し余裕を持って、予備回路スペース付きの器種や多めの回路数を持った器種の住宅用分電盤をお選びいただき、設置しておくのが後々便利です。