1. HOME
  2. サポート
  3. 電気に関するFAQ
  4. 3Pコンセントって何?

3Pコンセントって何?

 

電気配線のきまりである『内線規程』が改訂され、台所・洗面所・トイレなど水まわりのコンセントには従来、

接地(アース)極付コンセント

を使用するよう勧告されていましたが、このたび「義務的事項」となりました。

 

3つの穴のコンセント!? 3Pのコンセントって何?

電気製品で最近よくみかける3Pの電気プラグ。

これに対応するためのコンセントを『接地(アース)極付コンセント』といいます。

 

3p_img01.jpg

 

 

これらの電気製品は『接地(アース)極付コンセント』を使用するよう義務づけられました

従来、これらの9種類の電気製品は接地(アース)極付のコンセントを使用するように、内線規程で勧告されていましたが、このたび「義務的事項」として規定されました。

 

3p_img02.jpg

3p_img03.jpg

3p_img04.jpg

3p_img05.jpg

 

3p_img06.jpg

3p_img08.jpg

3p_img09.jpg

3p_img10.jpg

 

200V用コンセントは『接地(アース)極付コンセント』を使用するよう義務づけられました

住宅に施設する200Vコンセントには『接地(アース)極付コンセント』を使用することが義務づけられました。

 

3p_img11.jpg

 

 

どうして接地(アース)極付が必要なのでしょうか?

3p_icon_ex.png 水まわりのコンセントや水まわりで使う電気製品には漏電の恐れがつきまといます!

  • 漏電した電気は、接地(アース)されていないと、その製品や配線器具などにたまったままになっています。
  • きちんと接地(アース)されていれば、その漏電を漏電遮断器が感知して、電気を遮断してくれます。
  • 接地(アース)されていない場合、せっかくの漏電遮断器も働きません!
    そんなときにもしも、人が触ったりしたら感電して危険です!