1. HOME
  2. 商品一覧
  3. 計測器
  4. アーステスタ (ERT-1A)

アーステスタ (ERT-1A)

 

product_site_img.gif

ert1a_title-copy.jpg
100Vコンセントに差込みボタンを押すだけで,
変圧器2次側のB種接地抵抗値+D種接地抵抗値を表示します。
(100V電路の変圧器のB種接地抵抗を利用するため補助アース棒の必要がありません)

 
特長
■電源コンセントのアース極を自動的に判定
■小型・軽量で持ち運び便利
■デジタル表示メータで読みやすい
■広範な測定範囲(0〜999Ω)(※)付属の補助アース棒を使用すると、B種接地抵抗・D種接地抵抗が機能切替で測定できます
ert1a.jpg

測定方法
電圧測定    機能切替(V)
ert1a_a.jpg
 
 
補助アース棒なしの場合   RB+RD/機能切替(Ω)
ert1a_b.jpg
 
 
補助アース棒使用の場合   RD,RB/機能切替(Ω)
ert1a_c.jpg
 

動作概要
ert1a_gaiyo.jpg
 

各部の名称
ert1a_name.jpg
 

仕 様
ert1a_spec.jpg

注1.RBは参考値となります。

注2.地電圧が大きい場合、Errや999表示となります。

ert1a_caution.jpg

表示について
ert1a_hyoji02.png
「0」(ゼロ)表示

 接地抵抗値が「0」(ゼロ)を示す場合は、建物の鉄骨など接地抵抗が十分低い値の場合に、B種接地とD種接地を統合してつながっていることがあり、このときは接地抵抗値が「0」を示します。

 さらに 1,00Ω 以下の測定の場合、表示精度が ±5Ω あります。よって5Ω 以下の測定の場合も「0」(ゼロ)を示す可能性があります。

 

「Err」表示

 接地抵抗の測定値は、地電圧の影響や大地に存在する雑音の影響を除くため、異常値および平均値処理をおこなっています。しかし、地電圧により、異常値(地電圧が 10V 以上)が測定途中から 16 回連続した場合やアース極を判別できなかった場合「Err」表示となります。

 

「999」表示  「999」を表示する場合は、平均値が 1kΩ 以上~ 50kΩ のときの表示になります。
「  」無表示

 異常値(地電圧が 10V 以上)が1連続(最初から)して正常値が無い場合を表します。

 本器は、地電圧 10V まで対応しています。使用範囲外の可能性があります。

 電源ランプが点灯していない場合、落下衝撃などにより故障した可能性があります。


Q&A

この内容は、取扱説明書 にも記載されています。

取扱説明書 は商品仕様情報 からダウンロードできます

ert1a_q01.png
 
ert1a_q02.png
 
ert1a_q03.png
 
ert1a_q05.png
 
ert1a_q06.png
 
ert1a_q07.png
 
ert1a_q08.png