計測器 :電気工事チェッカー「らくらくチェッカー(ECR00)/らくらくチェッカー38(ECR11)」

HOME > 商品情報 > 計測器 > らくらくチェッカー

電気工事チェッカー
「らくらくチェッカー  」
「らくらくチェッカー38」
ECR00/ECR11
特長と機能・使用方法
 特長と機能
 使用方法
仕  様
オプション
価  格
注意事項
Q&A
 
2003電設工業展
製品コンクール
財団法人関東電気
保安協会理事長賞
 
◎電気工事チェッカー「らくらくチェッカー」ECR00/クリックすると大きな画像が見られます。   電気工事チェッカー
ECR00
らくらくチェッカー

 ● らくらくチェッカー   ECR00
       (標準センサー付属)
   標準価格  136,200円(税別)

 ● らくらくチェッカー38 ECR11
       (センサー38付属)
   標準価格  139,200円(税別)

1人で、短時間に、安全・確実に。。。
5つのチェック機能が1台に!!
1~4のチェックがワンタッチで簡単に可能!!
   1.分岐回路チェック
   2.電圧チェック
   3.極性チェック
   4.接地チェック
   5.漏電遮断器動作チェック

特長と機能 使用方法 仕 様 オプション 価 格 注意事項 Q&A
パンフレット 取扱説明書
 



特長と機能・使用方法

■特 長 と 機 能

●5つのチェック機能が1台にコンパクトに収まっています。
1.分岐回路チェック  2.電圧チェック  3.極性チェック  4.接地チェック  5.漏電遮断器動作チェック
これら、5つの機能が1台に収まっていますから、作業の途中で別のチェッカーに取り替える必要がありません。 分岐回路判別器を 分電盤にセットすれば、チェッカー本体だけで、上の5つのすべてのチェックが可能です。しかも、上の1~4までのチェックは自動 モードで簡単ワンタッチでチェック可能です。
   
●1人でも、チェッカー本体だけで簡単にチェッ ク可能です。
  今までのチェッカーでは、分電盤まで何度も往復したり、2人で作業する必要がありました。
分岐回路判別器を分電盤にセットすれば、1人でもチェッカー本体だけで簡単にチェック可能です。
チェッカー本体の電源ケーブルによりコンセントまでしゃがまず立ったまま楽な姿勢でチェック可能です。
チェッカー本体は、小型軽量ですので片手で持って、メモや記録を取るときにも楽に作業が可能す。
   
●マイコンを内蔵していますので、自動で簡単にチェック可能で す。
  いろいろな種類の異なるチェッカーの操作は、感度調整などが微妙でコツが必要だったり難しい──。
──熟練の必要のない簡単ワンタッチでチェック可能な自動モードで解決できます。
チェック結果は、「OK」の場合ランプが点灯、「NG」の場合ランプが点滅してひと目でわかります。(漏電遮断器動作チェックを 除く。)
   
●停電の必要がありません。
  ご家庭の増改築工事の場合など、活線状態での迅速な作業が必要となる場合が多くなります。
活線状態のままでチェックが可能です。
※漏電遮断器動作チェックを行う場合、漏電遮断器が正常に動作すると停電します。
   
●安全・確実に作業ができます。
 
分岐回路判別器の電源ケーブル/クリックすると大きな画像が見られます。
分岐回路判別器の
電源ケーブル
マグネットアダプタ
(オプション)
センサー
標準センサー 1本(4回路分)
(ECR00に付属)
センサー38 1本(4回路分)
(ECR11に付属)
本体やセンサーおよび電源線には絶縁性に優れた樹脂や電線を使用しており、安全に作業できます。
分岐回路判別器の電源ケーブルのワニ口クリップは、大小2種類を付属していますので、いろいろな分電盤の電源端子に対応可能で す。

新たに、分岐回路判別器の電源ケーブルのクリップの代りに、鉄製の端子ネジに磁力で取り付け可能なマグネットアダプタもご用意し ました(オプション)。

また、自動モードで上記の1~4まですべてチェックできますので、チェックのし忘れが防止できます。
 
●さまざまな端末に対応しています。
 
センサー チェッカー本体の電源ケーブル(プラグ部拡大写真)
チェッカー本体の
電源ケーブル
プラグ部分拡大
コンセントの種類にはいろいろあり、その都度変換アダプタを用意しておくのはめんどうで忘れがちです。2P-3P兼用のコンセン ト用電源線を標準装備していますので、2P、3Pのどちらのタイプのコンセントにも変換アダプタなしで対応できます。
電源ケーブルの長さは、約1mあります。
電源ケーブルのプラグ部に対応するコードアダプターもあります。
クリップコードアダプター、テスターコードアダプター :オプション
 
●自動モードですべてチェックできます。
  通常は、自動モードで上の1~4のチェックがすべて実行ボタンのワンプッシュで可能です。
   
●標準で24回路までチェックが可能です。
  分岐回路判別器には、分電盤の多回路化傾向に十分対応可能なように、センサーを標準で24回路までセット可能です。
   
▲PageTOP



■使用方法

分 岐回路判別器とチェッカー本体の接続
●分岐回路判別器の接続  (ECR00の場合)
◎分岐回路判別器の接続=画像をクリックすると拡大詳細部分の画像が見られます。 ◎分電盤の各分岐回路とコンセントや各回路が正しく配線されているかをチェックします。

線路探索を行わない場合は、分岐回路判別器の接続の必要はありません。
分岐回路判別器を分電盤に取り付けた後、センサーと電源ケーブルを取り付けて、電源スイッチを入れます。

(1)

分電盤のカバーを慎重に取り外します。
(2) 分岐回路判別器に付属している取り付けベルトを用いて分電盤に取り付けます。埋込形分電盤の場合、必要に応 じて付属のS字フックを使用します。
(3) センサーを分岐回路判別器のコネクタ部の色に合わせて接続します。
(4) センサーを各分岐回路の負荷側電線に取り付けます。
(5) 分岐回路判別器の電源スイッチがOFFであることを確認し、電源ケーブルを電源端子に差し込み、ワニ口ク リップを分電盤の漏電遮断器の負荷側に接続します。
・単相3線式100/200Vの場合…200V電路に接続(漏電遮断器の左右極)
・単相2線式100Vの場合   …100V電路に接続(漏電遮断器の両極)
(6) 電源スイッチをオンにして、マイコン動作ランプが点灯することを確認します。

以上で、分電盤側の作業が終了します。
あとは、チェック対象回路のコンセントに本体を接続してチェックを行います。

●分岐回路判別器の接続  (ECR11の場合)
◎分岐回路判別器の接続=画像をクリックすると拡大詳細部分の画像が見られます。 ◎アパートやマンションにある、集合計器盤内の電力量計(WHM)と各部屋の分電盤が正しく配線されているかをチェックします。

線路探索を行わない場合は、分岐回路判別器の接続の必要はありません。
分岐回路判別器を分電盤に取り付けた後、センサーと電源ケーブルを取り付けて、電源スイッチを入れます。

(1)

集合計器盤のカバーを慎重に開けます。
(2) センサー38を分岐回路判別器のコネクタ部の色に合わせて接続します。
(3) センサー38を電力量計の負荷側の電圧(ライン)側極線(L1、L2)に取り付けます。
(4) 分岐回路判別器の電源スイッチがOFFであることを確認し、電源ケーブルを電源端子に差し込み、ワニ口ク リップを電力量計の電源側(分電盤の電源端子台など)に接続します。
・単相3線式100/200Vの場合…200V電路に接続
・単相2線式100Vの場合   …100V電路に接続
(5) 電源スイッチをオンにして、マイコン動作ランプが点灯することを確認します。

以上で、分電盤側の作業が終了します。
あとは、各部屋のコンセントに本体を接続してチェックを行います。

ECR11の接続例: ECR11の接続使用例
   
●チェッカー本体の接続
◎チェッカー本体の接続 チェッカー本体に電源ケーブルを接続し、プラグをチェックしたいコンセントに差し込みます。 コンセントに差し込むとすぐに電源が入り、自動で「電圧チェック」が行われま す。

 この時点で、機能選択可能な状態になっています。まだ、「機能選択ボタン」を押さない状態では、自動モードになっています。こ こで「機能選択ボタン」を押すたびに、機能を順番に切り替えることができます。

  モード


機 能選択ボタンの機能切替えによる各モードの機能
●自動モード
 「極性」、「接地」、「線路探索」の順に自動でチェックします。
自動モード結果表示=自動モード
自動モードでチェック後すべてOKのときの表示例(回路番号は3の場合の例)
「電圧チェック」がOKの状態で、「実行ボタン」を押すと、機能選択の「極性・接地」ランプと「線路探索」ランプが点灯し て、チェックが自動で行われます。

(1)

チェッカー本体を片手に持ちます。
(2) 「実行」ボタンを押すと、チェックをスタートしチェック結果を表示します。
  「極性」→「接地」→「線路探索」の順でチェックが行われます。
  チェックのフローと結果表示例については図を参照してください。
(3) 結果を記録し、コンセントからプラグを抜いてください。
(4) 次にチェックしたいコンセントに移動し、(1)から順に同じことを繰り返します。
   
極性チェックでNGまたは不明となった場合は、接地チェックは行わず、線路探索を 行います。
●手動モード1
 「極性」、「接地」のチェックのみ行 います。
手動モード2 「電圧チェック」がOKの状態で、「機能選択ボタン」を押して、「極性・接地」を選択します。
 (「極性・接地」ランプが点灯します。)

「実行」ボタンを押すと、チェックをスタートしチェック結果を表示します。
 ・「極性」→「接地」の順でチェックが行われます。

極性チェックでNGまたは不明となった場合は、接地チェックは行いません。

   
●手動モード2
 「線路探索」のチェックのみ行 います。
手動モード2

「電圧チェック」がOKの状態で、「機能選択ボタン」を押して、「線路探索」を選択します。
 (「線路探索」ランプが点灯します。)

「実行」ボタンを押すと、チェックをスタートしチェック結果を表示します。
 ・分岐回路番号を正しく判定するために、極性チェックを内部で行います。
「NG」となる原因:
  ・センサーが付いていない分岐回路のコンセントをチェックした場合。(図のNG1)
  ・電路のノイズが大きい場合や、「極性チェック」の結果が「不明」となっている場合。 また、センサー を取り付けた向きが間違っている場合。(図のNG2)
「不明」については、別途Q&Aを参照してください。

●手動モード3
 「漏電遮断器動作チェック」のみ行 います。
手動モード3 チェックが正常に行われますと、漏 電遮断器が動作して停電しますので、停電させては問題がある場合は、注意が必要です()。
本テストは、アース付コンセントのみ正しく行えます。

「電圧チェック」がOKの状態で、「機能選択ボタン」を押して、「ELBテスト」を選択します。
(「ELBテスト」ランプが点灯します。)

「実行」ボタンを約2秒以上押し続けますと、チェックをスタートしチェック結果を表示します。

「実行」ボタンを、約2秒以上押し続けないと、正常にチェックできません。
接地線に擬似漏洩電流を流すことでチェックを行っています。
チェックを正しく行うために、内部では極性・接地チェックを行っています(表示は行いません)。
高感度・高速形の漏電遮断器(30mA以下、0.1秒以内)の漏電遮断器を対象としています。
漏電遮断器が接続されている電路の中や上位の遮断器を経由して分岐された他の電路の中にも漏電遮断器が設置 されている場合、チェックしようとしている対象の漏電遮断器以外のそれらの漏電遮断器が動作することもありま す。チェックしようとしている対象以外の漏電遮断器が動作しても問題ないかよく注意してください。
※ELB=Earth Leakage Circuit Breaker=漏電遮断器

▲PageTOP



仕 様

◆機   能◆
項  目 内  容
チェック対象電気方式 単相回路専用
線路探索回路数 24回路
チェック可能機能 5種類 (電圧、極性、接地、線路探索、漏電遮断器動作チェック)

◆機能詳細◆
機能名称 内  容 判  定
[1]電圧チェック コンセントの電圧がAC100Vであるかをチェックします。 約90V~110VであればOK。その他の電圧はNG。
[2]極性チェック コンセントの極性が正しく配線されているかチェックします。 コンセントの極性が、短穴がライン(通常は右側)、長穴がニュートラル(通常は左側)であればOK。逆であ ればNG。
[3]接地チェック コンセントの接地極(端子)が正常な接地またはアースに接続されているかチェックします。 接地やアースに接続されていればOK。未接続や断線であればNG。
[4]線路探索
  (分岐回路チェック)
コンセントがどの分岐ブレーカに接続されているか確認します。 分岐回路番号を数字表示します。
[5]漏電遮断器動作チェック 接地線に漏洩電流(100mA、0.1秒)を流し、漏電遮断器の動作確認をします。 漏電遮断器が動作すれば、異常なし。動作しなければ、異常の可能性があります。

◆機器仕様◆
項 目 本体 分岐回路判別器
装置電源 AC100V±10% (50/60Hz±2Hz) (※AC220Vまで入力可) 単相3線式AC200V±10% または 単相2線式AC100V±10% (50/60Hz±2Hz)
表示方法 LEDおよびLED数字表示 LED
操作方法 機能選択ボタンおよび実行ボタン 電源スイッチ
外部端子 電源端子(3P) 電源端子、センサー端子
絶縁抵抗 DC500V 20MΩ以上 (外部端子一括 ─ ケース間)
耐電圧 AC2000V 1分間 (外部端子一括 ─ ケース間)
使用温湿度範囲 -10~40℃ 95%RH以下 (結露のないこと)
保存温湿度範囲 -20~60℃ 70%RH以下 (結露のないこと)
外形寸法 175 x 70 x 39 mm(突起部を除く) 120 x 174 x 72 mm(突起部を除く)
質 量 約 0.24 kg 約 0.65 kg
付属品 電源ケーブル(本体用、アース端子可倒式3Pプラグ付):1本、電源ケーブル(分 岐回路判別器用、赤):2本、センサー:6本(赤、緑、灰、黄、青、白/ECR11はセンサー38付属、 ECR00は標準センサー付属)、ワニ口クリップ(大・小、赤):各2個、S字フック:2個、本体用ストラッ プ:1本、取扱説明書:1枚、操作フロー:1枚
センサー仕様:
 ・センサー38 = 8~38mm2(外径φ6~φ11.5mm)まで用  (ECR11に標準付属)
 ・標準センサー= 5.5mm2  (外径φ6mm)まで用 (ECR00に標準付 属)

◆製 品 写 真◆
 ●チェッカー本体:
(画像をクリックすると大きな写真を見ることができます)
◎チェッカー本体外観/クリックすると大きな画像が見られます。 ◎チェッカー本体表示部/クリックすると大きな画像が見られます。
外 観


表示部
(上から、機能表示ランプ、結果表示ランプ、分岐回路番号表示、機能選択ボタン と 実行ボタン)
  ◎チェッカー本体電源コネクタ部/クリックすると大きな画像が見られます。
  電源コネクタ部
(付属のケーブルを接続します)

 ●分岐回路判別器:
(画像をクリックすると大きな写真を見ることができます)
◎分岐回路判別器外観/クリックすると大きな画像が見られます。 ◎分岐回路判別器上側面/クリックすると大きな画像が見られます。
外 観
(センサーを接続したところ)
上 側 面
(マイコン動作ランプ と センサー端子)
◎分岐回路判別器左側面/クリックすると大きな画像が見られます。 ◎分岐回路判別器右側面/クリックすると大きな画像が見られます。
左 側 面
(電源端子、ヒューズ、電源スイッチ)
右 側 面
(端子は使用しません)

 ●付属品とも一式(参考写真)
◎らくらくチェッカー/付属品とも一式写真
 

▲PageTOP



価 格

◆基本構成◆
名  称 型  式 ご注文品番 標準価格
らくらくチェッカー ECR00 ECR00 136,200円
らくらくチェッカー38 ECR11 ECR11 139,200円
 ・チェッカー本体 と 分岐回路判別器 一式セット

◆オプション◆
名  称 内  容 型  式 ご注文品番 標準価格
マグネットアダプタ 電源コードのクリップの代わりに鉄製の端子ねじに磁力で取り付けて使用します。
(2個1組)

ECR-2MA ECR2MA 10,500円
クリップコードアダプター  チェッカー本体の電源ケーブルにワンタッチで装着可能。先端がクリップ式になっています。

ECR-1KA ECR1KA 5,900円
テスターコードアダプター  チェッカー本体の電源ケーブルにワンタッチで装着可能。先端がテスターピン(棒)になっています。

ECR-1TA ECR1TA 4,400円
本体用電源ケーブル  2P-3P兼用のコンセント用電源線を標準装備していますので、2P、3Pのどちらのタイプのコンセントにも変換アダプタなしで対応できます。[全長約1m]
(標準装備品・補修用)

ECR-1K ECR1K 3,900円
チェッカー本体  単品販売品です。補修用、追加用。
らくらくチェッカー、らくらくチェッカー38に標準装備。
(電源ケーブル、ストラップは付属していません)
(標準装備品・補修用)

ECR-1A ECR1A 49,900円
センサー38  24回路分一式(標準装備品・補修用)
8~38mm2(電線外径φ6.0~φ11.5mm)までの電線をクランプできます。[全長1.7m]

ECR-38 ECR38 24,500円
標準センサー  24回路分一式
最大5.5mm2(電線外径φ6.0mm)までの電線をクランプできます。[全長1.2m]
(標準装備品・補修用)

ECR-2S ECR2S 21,600円
専用ソフトバッグ 本体や付属品がスマートに収納できます。持ち運びの際に便利です。
[内寸 約250×350×85mm]

ECRSB 6,600円



 ●オプション写真(参考) (画像をクリックすると大きな写真を見ることができます)
  マグネットアダプタ/ECR-2MA
マグネットアダプタ/ECR-2MA
電源ケーブルのクリップの代りに磁力で取り付け。

鉄製の端子ネジに磁力で取り付け可能。
分岐回路判別器の電源ケーブルのクリップと取り替え可能。

  クリップコードアダプター/ECR-1KA
クリップコードアダプター/ECR-1KA
先端がクリップ式の電源ケーブルアダプターです。

本体の電源ケーブルにワンタッチで装着可能。
  テスターコードアダプター/ECR-1TA  
テスターコードアダプター/ECR-1TA
先端がテスター棒式になった電源ケーブルアダプターです。

本体の電源ケーブルにワンタッチで装着可能。
  センサー38/ECR-38(写真は1本)   標準センサー/ECR-2S(写真は1本)
センサー
24回路分一式
8~38mm2(外径φ6~φ11.5mm)まで用
(ECR11に標準付属)

24回路分一式
5.5mm2(外径φ6mm)まで用
(ECR00に標準付属)

  専用ソフトバッグ
◎らくらくチェッカー/オプション/ソフトバッグ
専用ソフトバッグ
(内寸:およそ250 x 350 x 85 mm)

▲PageTOP



注意事項

>
本チェッカーは、単相回路専用です。三相3線式200V回路には使用できません。
チェッカー本体を単相200Vに接続した場合は、電圧表示は「NG」となり、その他のチェックはできません。
「極性チェック」は、検電器と同じ原理ですので、チェッカー本体を手に持たずに机などに置いてチェックすると正しい結果が得られない場合があ ります。
「漏電遮断器の動作チェック」は、コンセントの接地極に地絡電流を流して実際に漏電遮断器を動作させますので、接地極のないコンセントでは チェックできません。
「漏電遮断器の動作チェック」を行う場合は、漏電遮断器が接続されている電路の中や上位の遮断器を経由して分岐された他の電路の中にも漏電遮 断器が設置されている場合、チェックしようとしている対象の漏電遮断器以外のそれらの漏電遮断器が動作することもあります。チェックしようとして いる対象以外の漏電遮断器が動作しても問題ないかよく注意してください。
仮設電源などで接地のとれていない場合や周波数変動の大きな電源では使用できません。
電源が安定しない環境では正常に動作できない場合があります。
線路探索には電力線通信を用いています。探索を行う線路に大きな負荷やノイズがある場合には、通信ができない場合があります。大きな負荷やノイズ 源を取り外して線路探索を行ってください。
ニュートラル線と接地線の誤配線があるコンセントで、本体のプラグを差し込んだとき、または、自動モード、手動モード1でチェックしたとき は、主幹漏電遮断器が高感度・高速形(30mA以下、0.1秒以内)ですと、漏電遮断器は動作します。停電に注意してください。 (漏電遮断器が 動作するタイミングは、漏電遮断器のメーカによって異なります。また、定格感度電流が30mAを超えるものにあっては動作をしない場合がありま す。)
連続して線路探索を行うと、機器内部の温度上昇を抑えるため、一時的に動作を停止する場合があります。(10~30秒間、一時停止となりま す。)
センサーには極性があります。センサーを取り付ける向きや極が間違った場合、正しく線路探索ができません。 センサーをクリップする対象の線 は、ライン側かニュートラル側かで統一してください。
 センサーの向き:(電流の向きになっています。)
  ・ライン側であれば    …▲をコンセントに向ける。
  ・ニュートラル側であれば…▲をブレーカに向ける。
   
 


特長と機能 使用方法 仕 様 オプション 価 格 注意事項 Q&A


HOME> 商品情報 > 計測器 > らくらくチェッカー   ▲PageTop
     

  Copyright c 2003-2019 Tempearl Industrial Co., Ltd. All rights reserved.
  らくらくチェッカー  らくらくチェッカーECR00